ぎっくり腰になってしまったぁ~(前編)

 

 人生で初めて『ぎっくり腰』になった( ノД`)
出勤の際、トイレ(洋式)を済ませて、立ち上がった瞬間である。
ふぁっと一瞬、上半身だけが軽くなって、下半身がまだ便座にあるような不
思議な感覚Σ(゚Д゚) ゲッターロボみたいに腰から半分が切れたような。
思わず、ドアに両手を突いて体を支えて、数秒後に
   「あっ、イタタッーーーーーー」
と腰に今まで感じたことのない激痛が走る(>_<) ちょうど、高校生の長男が体育祭の代休で居たためトイレからSOS発信。 脇を抱えてもらって椅子に腰かける。 まだ時間は、朝の7時半で病院は開いていないので、とりあえず上司に容体 を伝えて遅れる旨を報告する。 その後、妻にもLINEで報告。  座っていても腰を立たせる(骨盤を起こす?)ような姿勢でいないと腰に 激痛(>_<) ぎっくり腰って、重い物を持ち上げる時になるんじゃないの? スマホで必死に「ぎっくり腰」を検索しまくる。 強烈な痛さ~、腰に剣山を刺したみたいな、4秒か5秒ほどの息が止まるよ うな痛みが襲ってくる恐怖。

 9時診察なので、午前8時半に息子にタクシーを呼んでもらい、とても一
人では歩けないので息子に介護してもらいながら近くの整形外科へ行く。
年配のタクシー運転手にも乗り降りの際、手伝ってもらったのが情けない。
待っている時もずっと壁にもたれかかった状態、診察の結果、レントゲンで
も異常がないことから『ぎっくり腰』で3日もすれば痛みも治まるでしょう
とのこと。
腰に痛み止めの注射を打ってもらい、痛み止めと筋弛緩剤をもらって帰宅。
帰宅した時には、注射を打ってもらっても痛みが治まらず、一人で歩行は不
可のため上司に仕事を休む連絡をする。
金曜日だったので、土・日と安静にしていれば翌月曜日から出勤できるかと
思いきや、それは甘い考えであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket