ぎっくり腰になってしまったぁ~(後編)

 

 前編の続きで、病院で診察を受けた時、先生から
  「コルセットは持っていますか」
と尋ねられて、今から10年昔に肋骨を3本ほど折ったことがあり、その時の
コルセットが引き出しにあると思い購入はしなかったが、もっていなければ高
いコルセットを購入しなければいけなかった( ノД`)
 当日は、座っていても寝ていても腰に激痛が走る。
ネットで横向きの姿勢が楽とあったが、そもそも仰向けができないので自然と
横向きにはなってしまう。
また痛みで全く食欲がなくその日は昼食も晩御飯も食べることなく、ゼリーを
1個で済ませる。
一番つらいのは、朝ベットから起きることで、一人では起き上がれないのがシ
ョック。
腰を動かすたびに激痛が走るが、ここで腰を動かさずに人間は起き上がれない
ことに初めて気付く。
先進のリハビリテーション医学が生んだサポーター【Marumitsuオンラインショップ】

 妻に腰を強く押して支えてもらいながらゆっくり、ゆっくりと20分ほどか
けてようやくベットに腰かけることができる。
そこから立ち上がるまでも一苦労で、腰に力が全く入らないので、妻の手を借
りて起き上がるがその時も激痛(>_<)でしゃがみそうになる。 階段を下りる時も片足づつ、ゆっくりと降りる。朝起きてから1階に降りるま でゆうに30分はかかってしまった。 椅子に座布団を2枚重ねにして腰にクッションを当てて何とか座るが、時々、 不意に来る激痛と格闘。 今日は土曜日なのに果たして月曜日には治るのか心配なのと不安が頭をよぎる。 一度椅子に座れば、今度立ち上がるのに時間はかかるし、前かがみができないの で顔も洗えないましてやトイレにも行けない( ノД`)  結局、月曜日になっても激痛で一人で歩けないので会社を休み、夕方、仕事帰 りの妻の手を借りて再び病院へ行き今度は点滴を受ける。 食欲は、日曜日の晩からは普通に食べることができるようになったが体の自由が きかず、結局、ゆっくりと歩けるようになって出勤できたのは、1週間後の金曜 日からであるΣ(゚Д゚)  しかしながら、時々やって来る激痛に耐えながらである。  今はすっかり元の生活に戻り、嘘みたいに腰の激痛は感じなくなったが、ぎっ くり腰以降、時々鈍痛が起こることがある。 ぎっくり腰になって、改めて『健康』というのを再認識したし、休んでいる期間 にネットで色々調べて、新たにコルセット(腰用サポーター)を購入したり、腰 痛体操の本を買って朝晩に実践している体操があります。 そのことは、また追々このブログで書いていこうと思いますので。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket