ヘルメットの中が曇る~

 

 今朝は、寒かったですね。
愛犬の散歩に行った際、愛犬の方が早く家に帰りたいのか、寄り道をしませんでしたし、
帰宅後、地元の朝のニュースでも私が住む地域では今年初めて朝一番寒かったそうです。
今日11月3日、『文化の日』で祝日ですが、私は普通に仕事でした。
特に営業回りの仕事ではなかったことや、定時より遅めに出勤してもよかったことからバ
イクで行くこにしました。
私は、昔からバイクに乗っていましたのでこれからは個人的な感想になりますが、ヘルメ
ットのメーカーは、『ヤマハ』を使っています。
そう、バイクメーカーのYAMAHAです。
当時私は、高校卒業してすぐに原付免許、普通自動二輪免許を取った時、大学の先輩から
サイズが合わないということでヘルメットを譲ってくれたのがこのメーカーでした。
ヘルメットといえば、『アライ』や『ショウエイ』がとても有名ですが、なにせ高額な
のです。
学生身分での小遣いでは、到底買える値段ではなく安くても2万円後半から上を見れば6
万円近くというのもあります。
もし転倒した際、自分の身を守る物ですから多少値段が高いのは仕方ないのですが、それ
なら安いヘルメットだと、はたして大丈夫だろうかと逆に心配になるものです。
先輩から譲ってもらったヤマハのフルフェイスタイプは、自分の頭にフィットしておりお
気に入りとなって値段を見てもデザインにもよりますが、高くても2万円代とリーズナブ
ルでしたし、大手のバイクメーカーのものなのでとても安心しました。
それ以来、これまで私は5回ほどヘルメットを買い替えましたがその全てがヤマハです。
 ところで、フルフェイスのヘルメットを使用して寒くなると思わず自分の息で透明シー
ルドが曇ったという経験はありませんか?
バイク屋や眼鏡屋で、『曇り止め』の商品は売られていますが、以外と高いんですよね。
ここで、長年バイクを乗ってきた私の対策は、家庭である食器洗剤を2滴位ティッシュペ
ーパーに垂らしてシールドの内外を拭くだけです。
 外側に拭くと、走行中に小さな虫がシールドに当たっても洗剤のコーティングでウエッ
トティッシュでふき取ることで綺麗で簡単に取ることができます。
内側も同様にコーティングで、息で曇るのを防いでくれます。
ただし、トンネル内など急な温度変化による曇りはこの洗剤コーティングで防止すること
はできませんが、しておくのとしないのとでは断然に効果が違います。
 もし曇ってもシールドを開けて、外気を入れると自然に取れますが、これから寒くなる
のでできれば走行中はシールドを開けることなくそのままにしておきたいですよね。
 今日、寒い日であるにもかかわらず久々にバイク出勤をしてヘルメットが曇ったのでこ
れを思い出した次第です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket