人間ドックへ行ってきたぁ

 

 本日は、午前中に年1回の人間ドックへ行ってきました。
 今年から少しずつではあるが、スロージョギングを始めたおかげで、前回の
人間ドック検診の時よりも自宅の体重計では、4キロの減量ができたことや体
脂肪率も若干ではあるが減ってきているので満を持していざ人間ドックへGO
朝、8時半から受付開始だったので10分ほど前に着くと、予約の人でかなり
混雑してました。
 受付を済ませて、病院着に着替えてまずは血圧と採血を受ける。
続いて、身長及び体重、胴周りの計測を実施。
病院の体重で、昨年より2.5キロの減少。
ちょっと待てよ、自宅の体重計では4キロ減少なのに1.5キロの差は何だ?
昨日は、晩9時以降は何も食べてないし、当然朝食も抜き、快適な排便もして
スッキリのはずなのにどうして?
でもまぁ、昨年よりかは確かに減量はできているのでよしとしよう。
身長は、昨年よりも9ミリも縮んでいたが………。
続きましては、胃カメラの検診でこれが最大のヤマ場である。
どうしても慣れないし、半泣きになりそうになるが今回は、なぜか若い女性看
護師が、横についてくれて息吸って、吐いてと肩を優しく叩いてフォローして
くれたおかげで思いのほか、スムーズにカメラを飲み込むことができたので感
謝である。
良性のポリープが数か所見つかったが問題なし。
20分ほど休憩後、続いてはエコーによる臓器の検査。
昨年も言われて知っているが、胆石があるのだが今年も大きくはなっておらず
経過観察ということで問題なし。
あっ、言い忘れていたが体重測定の後に肺活量の検査もしたのだが、昨年に比
べて7割ほどしかないみたい。
看護師から喘息持ちですか、タバコを以前吸っていましたか?と尋ねられたが
喘息の経験もなく、生まれてこの方タバコも吸ったことがない旨を告げると、
一応、問診の時に先生から説明がありますと言われてしまった。
 話を戻すと、胃カメラの後は、視力・眼底・聴力検査を実施するも全く、異
常はなし。
最後に心電図で終了となり、約2時間半ほど要した検査となった。
 最後に、先生からの問診で心電図で半時計周りに傾きの兆候が見られるかも
知れないと言われた。
今まで言われたことがなかったし、先生から歩いたり走ったりして胸が痛むこ
とは?と尋ねられたけど全く自覚なし。
心臓の鼓動する際の信号が通常より少し傾いているだけで、胸の痛みがなけれ
ば心配はないとのことでまずは一安心。
この春から始めたスロージョギングで、現在息切れ、めまいも全くなし。
肺活量については、レントゲンで心臓が少し横向きになっており肥満体質に多
くみられるみたいであるが、体重は昨年より減少しているし、昨年の写真では
その症状がないことから分析の結果では、もう一度、心臓のエコー等の再検査
が必要になるかもしれないとの助言であった。
今日の夕方、奥様にその結果を伝えると一応は心配をしてくれたが、今晩から
もう少し御飯の量を減らしたら?と忠告を受けてしまった。
コレストロール値などの詳しい検査結果は、後日分かるので昨年と比較して気
を付ける所を探して改善していき、これからも健康で歳相応に動ける体で過ご
したいので適度な運動は続けていきたいと思う。継続は力なりです。 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket