年俸2億7千万円は高い?妥当?安い?

 

  昨日は、日本ハムの大谷翔平選手が、5年目で契約更改交渉の結果、今季の2億円から
7000万円アップの2億7千万円で更改したニュースが話題となっていた。
本人も記者会見で、これだけ貰えるような活躍をしたかは分からないと何とも謙虚なコメ
ントを発表していた。
 今季、日本一となり投手としても打者としてもこれだけ活躍したにもかかわらずたった
      7000万円増
だけなの( ゚Д゚)と思ったのは私だけではないと思う。
 ちなみに大谷選手の今季の成績は、
 
  投手の成績は、10勝4敗・防御率1.86
  打者の成績は、打率3割2分2厘、本塁打22本・打点67
と申し分ないと思うのだが。
 投手・打者と2刀流で活躍したのだから、3億円を超えてもよかったのではないか?
 またテレビで言っていたが、大谷選手はお金の管理を全て両親に任せており、小遣い制
で月10万円というのもびっくり(;゚Д゚)である。
現在、寮生活のため食費や水道光熱費は全てタダみたいである。
 22歳という若さで、こんな息子がいたらなぁ~と思うのはきっと私だけではないと思
う。
実際には、税金などで約半分しか残らず、翌年の1年後に前年度の税金を支払うみたいな
ので決して無駄使いはできないと思うが、本人曰く月10万円で十分足りるみたいである。
 プロ野球選手やサッカー選手などプロスポーツ選手といえば、ブランドスーツを着こな
して、高級外車に乗って、奥様は美人アナウンサーかモデルといったイメージがあるが、
大谷選手は全く興味がなく、常に野球のことしか考えていないらしい。
高校卒業後、すぐにプロに入って純粋に野球のことしか考えておらず、好きなことだから
苦しくても我慢できて愚直に向き合った結果が、これだけの成績を残せたのではないだろ
うかと思う。
 噂では、来期のオフにはメジャーリーグ挑戦とも言われており、まだまだ日本で活躍す
る姿を見たいという気持ちがあり、私としては来期も再び日本シリーズで広島カープと対
戦してもらいたいと思う。
まだまだ若いのでもっともっと投手としても打者としても大活躍ができると思うし、楽し
みである。
 話はそれてしまうが、私は今月の中旬に念願のボーナスの支給がある。
支給ごとに奥様に労働交渉として、ボーナス月の小遣いアップを訴えているが、ここ5年
間は、全くの門前払いの状態である( ノД`)シクシク…
今、一番恐れているのは、今年も労働交渉をしようと思うのだが、奥様が大谷選手のこの
ニュースを知って、
   「 大谷選手は、2億7千万円貰っているのに月10万円の小遣いなのよ。
    お前の給料とその小遣いを比較してから言ってこい~。」
と逆ギレをされないかがとても心配である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket