愛犬のトリミング

 

 休日出勤だったため、今日は代休をもらい前々から予約をしていた愛犬トイプードルのトリミン
グに行ってきた。
 羊の毛刈りみたいに全ての毛を刈るわけにもいかずある程度は伸ばしているためか、毛の伸び具
合が早くできればひと月かひと月半にはトリミングには連れていきたいと思っているが、私のひと
月の散髪代よりもはるかに高いためなかなか行くことができず、ひと月がふた月となり、行こうと
思って行きつけの店でトリミングの予約すると予約で埋まっていてこちらの都合と合わずにとうと
う3ケ月を迎えてしまったのである。
 さすがに3ケ月にもなると毛が絡み、くしも引っかかってしまうことやそもそも犬種が違ってく
るように見える。
私の奥様が愛犬を連れて散歩していた時に、よく出会うシーズーを散歩させている老人に会い、犬
同志もお互いの尻の匂いを嗅いで挨拶をしている。
 その際、老人が我が家の愛犬を見るなり
  「毛がずいぶん伸びたなぁ~、トイプードルでなくてチャウ・チャウ犬やな~」
と言われたそうである(;゚Д゚)
私が帰宅し奥様からその話を聞いて、愛犬を見ると確かに目に毛がかかっており、
  『チャウ・チャウ犬』
になっている。
翌日から奥様は、行きつけの店に連絡して都合を聞くが、土日は予約が一杯で空いていないので
ある。
 ちょうど、妻は私が休日出勤の代休があることを知っていたので、仕事中、
  「平日、いつ取れるの」
と連絡があり、これまでのやり取りから私からは
  「休みに釣りに行きたいんだけど」
とは修羅場が予想されたので口が滑っても言うことはできなかったのである。
 昨日の代休、チャウ・チャウ犬の記念と思い家を出る前にスマホで写真を撮って、いざ店へ。
 トリマーに預けて、どのようにカットしますかと尋ねられたので、
  「バリカンで1センチ程度」
と奥様の伝言を伝えて、私は近くのマンガ喫茶で時間を過ごすことに。
 1000円で3時間、ジュース、コーヒーなど飲み放題、おまけにマッサージチェアもあって
今思うと釣りに行かなくてもよかったかもと少し気持ち変わり。
 そして約束の時間に迎えに行って愛犬と対面すると別犬になってる~。
誰が見ても間違いなく、君はトイプードルです。
車に乗せて、出発前に記念撮影し、すぐにラインで奥様に報告。
 その日の晩は、家族全員でカットを終えた愛犬トイプードルを囲んでじゃれまくりでした。
次、散歩で老人に会ってもチャウ・チャウ犬とは言わせないぞ。と奥様の弁
ちゃんと定期的にカットに連れていれば、そう言われることもないのだが。
 愛犬のカットも終わったし、そろそろ私の散髪も近づいているので、散髪代を奥様に交渉したと
ころあっさりと断られました( ノД`)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket