自動車保険更新がきたぁ~

   2017/02/03

「そろそろ自賠責保険の更新時期が来ました」
という保険会社からの案内葉書が届いた。
日頃、最寄りの駅まで通勤に使用している
愛用100ccの原付の自賠責保険(強制保険)更新が来たのである。
しかも5年ぶりに( ゚Д゚)
任意保険の更新は、1年ごとでしかも125cc
までは、『ファミリー特約』というプランにすると自家用車の保険料に少し上
乗せをすればオートバイ単体で保険に入るよりも安く済むが、自賠責保険は、
1年から5年まで
自由に選んで掛けることができる。
車や車検の必要なオートバイだと自賠責保険は、車検時の2年おきになるが、
原付などは最長で5年も掛けることができ、年数が多いほど保険料も安くする
ことができる。
しかし、長く保険期間を掛けているとつい忘れがちになることやお金がない
時に限って更新が来ると思うのは私だけだろうか?
ちなみに私は、小学生高学年の時にはオートバイに興味を持っており、父親
に連れられて鈴鹿8耐なども観戦に行ったり、綺麗なお姉さん(レースクィーン)
を見て衝撃を受けたことがあった。
高校卒業後、すぐに自動二輪免許を取って、250cc、400ccのオートバイ
に乗って経験を積んで、当時は、教習所で大型バイクの講習がなかったので、22
歳の時に大型自動二輪免許を県の試験場で一発試験というのを3回受けて合格し、
750cc、最高1200ccまでのオートバイも運転していたことがあった。
しかしながら、結婚、子供ができて車検がかかるオートバイを半ば強制的に妻か
ら手放すように諭されて、親父が仕事を退職後、実家に眠っていた原付を引き取っ
て今年で15年になる。
簡単な整備は、自分で行うことができるので、3年に1度タイヤ交換をしてもらう
時にバイク屋でメンテナンスをしてもらっているためか調子もいい。
3年ほど前からは、運動不足解消にと安物であるが自転車のロードバイクを買っ
て出勤時に使用することがあってたまに浮気をすることもあるが、やっぱり自転車
にはない風の爽快感がオートバイにはたまらない魅力的であると私は思う。
たぶん歳を重ねてもオートバイを手放すことはできないと思うし、オートバイのな
い生活は考えられないと自分でも思う。
たった葉書1枚の保険更新の案内が来て、改めて、考えさせられた。
しかしタイミングが悪い。今は、私金欠なのだ。
保険会社に電話して、「今回は2年でお願いします。」と頼みました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket