今日から仕事初め

   2017/02/14

今日から2017年仕事初めとなりました。1月2日・3日とは奥様の実家へ帰省しており日中は、囲碁の相手、晩はお酒のお付き合いをしていました。子供たちのお年玉を貰わねばいけないのでお父さんは精一杯頑張りましたよ。2日の晩はお酒を飲んだこともあり午後10時には就寝。本日から私は仕事のため、高速道路のUターンラッシュに巻き込まれて帰宅が遅くならないように午前中に実家を出発しました。普段の休日よりも車の通行量は多かったけど、渋滞で車が動かないということもなくスムーズに帰ることができ無事我が家へ到着しました。正月3が日それぞれの実家で豪勢な料理をご馳走になったので、昨日の晩は家族みんなで永谷園のお茶漬けを食べました。奥様は、5日から仕事初めだったし昨日も実家からの帰りで疲れていると思ったので、今朝は自分で朝食を済ませて会社へ行くので起きなくてもいいよと優しい一言を言ったので案の定、起きてこない。最寄りの駅から電車に乗ったが、学生もまだ冬休みなのでいつもより席も空いており楽々で座ることができ、車内でゆっくりと読書ができたことが少し嬉しい。

上司も部下も正月休みを終えて元気よく出勤するもまだ完全に休み明けが戻っていない。取引先の中には年末は休みなしで働いたので、正月休みは今週いっぱいという会社もあるため本格的な仕事は来週からとなりそうだが、とりあえず私の担当している会社へ電話で年始のご挨拶をする。昼食も会社近くの大衆食堂へ行ったが、客はまばらだったのでまだ正月休みという会社もあるのだろうと羨ましく思った。午後からは、来週に使用する書類やデータ集計をして今日は定刻で終了してまっすぐ帰宅。テレビではまだ正月の特番などをしているが、自分としては全く正月らしさを年々感じないのが不思議である。小・中学校の時は、正月はどこの店も閉まっておりスーパーすら開いていなかったので年末にまとめてお菓子を買ったものだが、今はコンビニは正月でも開いているし、イオンモールやゆめタウンなどは正月から開いており昔とはかなり生活スタイルが変わってきたことと、今、サラリーマンとなって学生とは違い休みに関係なく働いていることも正月らしさを感じない原因だと思う。たぶん私の息子たちも今は冬休みでうかれていてもあと数年もすれば社会人となり働く身となれば正月らしさを感じなくなるのだろうか。

正月3が日でやり残したことは、まだ家族全員で初詣に行っていない。特に今年3月には次男の高校受験があるので家族総出で神頼みをしないといけないのに。今週末には遅くとも時間を見つけて神社へお参りへ行きたいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。