徳島ラーメンを食べて来た!

   2017/02/14

先日、次男の高校受験のため神頼みへ徳島県の『猫神』さんこと『お松大権現』へ
行ってきた帰りに徳島ラーメンを食べて来ました。
実は、私の父親が徳島県の県南で現在は、『美波町』と呼ばれていますが、昔は、
『日和佐町』と呼ばれていた四国88箇所霊場の第23番札所の『薬王寺』がある
町の出身者です。
平成21年には、NHK朝の連続テレビ小説で女優の倉科カナさん主演の
ウェルかめ
の舞台となった、ウミガメの産卵地でも有名な場所です。
小学生の頃は、毎年祖父の家へ泊まりに行ったこともあり、つい最近では2年前に
祖父の法事で両親と一緒に行っており親戚が多い場所のひとつです。
話は少しそれてしまいましたが、神頼みの後、再び高速道路へ乗るために一路、鳴
門インターチェンジに向けて帰っていたところ、帰りに徳島ラーメンでも食べて帰
ろうということになり、スマホで近場のラーメン屋を探していたところ、
徳島ラーメン『大孫』(だいそん)
という店が鳴門へ向かう途中の国道55号線沿いにあるので行くことに。

徳島ラーメンは何度か食べたことがあり、『東大』という店が全国的にも有名でラ
ーメン好きな人は知っているだろうと思う。
特徴は、塩辛い濃いスープでラーメン汁を全部を飲んだら、後で絶対に喉が渇くパ
ターンであるがついつい全て飲み干してしまうのである。汗をかく労働者向けには
もってこいのラーメンである。
また、みんなラーメンと一緒に必ず、ご飯を注文している人が非常に多い。チャー
ハンを出す店は少なくてほとんどの店が白米であり、ラーメンの濃い汁とよく合う
のである。炭水化物プラス炭水化物のダブルパンチである。
さて今回食べた、『大孫』奥様と息子は、チャーシュー入り、私は肉入りを頼み、
息子と私はご飯も注文をした。
チャーシューは文字通りで、肉入りはバラ肉をすき焼き風に甘辛く煮たのが入って
いる。スープは、以前食べた『東大』とよく似た塩辛い濃いスープである。
びっくりしたのは、生卵が無料で何個食べてもタダなのである。しかも、ご飯もお
代わり無料である。ラーメンに入れてもよし。卵かけご飯にしてもよし。両方に卵
を入れてもよし。どんな食べ方でもオーケーなのである(;゚Д゚)
私たち家族が店に入ったのは、午後1時半を少し過ぎていたが、休日だったので席
もほぼ満席状態であった。
育ち盛りの息子は、最初はご飯をそのまま、2杯目と3杯目は卵かけご飯にして食
べていた。徳島ラーメンが初の奥様も最初は、スープが辛いと言っていたが、息子
が食べていたご飯を分けてもらいながら食べると合うと言って完食。私もご飯を2
杯お代わりしてスープまで飲み干して完食。美味しゅうございました。
留守番をしていた長男には悪かったが、次回食べさせてあげようと思う。
店を出てから無事、高速道路に乗って帰りは全て私が運転し安全運転で家路に着き
ましたが、案の定、喉が渇いて途中のサービスエリアやパーキングエリアでペット
ボトルのお茶や水、コーヒーまで水分をたくさん取らせてもらいました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。