準中型自動車って何?これから新たに運転免許を取得する人は就職に有利かも?

 

先日は、高齢者に該当する実父が運転免許更新の際に改正された『臨時認知機能検査』『臨時高齢者講習』についてだったが、リーフレットの裏面には同日、新設されたのが、『準中型自動車』『準中型自動車免許』である。
私は、18歳の時にまず原付免許を取ってから大学1回生の時に普通免許と普通自動二輪免許を取り、25歳の時に県警の免許センターで大型自動二輪免許を取って現在に至っている。
私が普通免許を取った時は全て車がミッション車であり、オートマチック車の方が珍しかったので今のように『オートマチック車限定』というのがなかった。
私の9歳離れている一番下の妹が、普通免許を取る時に自動車学校に入校する際にコースが選択でき、若干、ミッション車が高く、教習時間も何時間か長かったと聞いている。
実父が、就職した時に会社の車にミッション車があるかもしれないので、妹はミッション車のコースへ行っていたのを覚えている。
でも、今は『ミッション車=走り屋』と思われるほど、オートマチック車がほとんどであり、中古車市場でもミッション車はかなり少なく車種も限定されてきた。
それに私が何回も県警免許センターに通い苦労して取った『大型自動二輪免許』も当時は自動車学校に教習はなかったが、今では普通に教習があり18歳以上から取ることができる。
そして、私が当時、一番驚いたのは免許更新した時に『普通免許』『中型免許』に変わっていたのである。
『中型自動車』と『中型免許』というのが新設されたからで、その以前に普通免許を取得していた人は、条件ではあるが、『車両総重量8トン未満かつ最大積載量5トン未満で定員10人以下』なら大丈夫であるみたいである。
だから、免許証の条件のところに中型車は中型車(8t)に限ると記載されているのある。

中型免許を取っていれば、
〇 車両総重量5000㎏以上11000㎏未満のものまたは
〇 最大積載量3000㎏以上6500㎏未満のものまたは
〇 定員11人以上29人以下のもの
が運転できるのである。
ただし、中型免許を取るためには年齢が20歳以上で、普通免許か大型特殊免許のどちらかを持っていて免許を受けて2年以上が必要であったのである。
ちょうど、『中型免許』が新設された時に、会社の配達車の一部が代替えとなった時に普通免許中型免許とどちらで運転ができるのか分かりにくいところがあって何度も地元警察署へ問い合わせたことがあったのでよく覚えていたのである。
そして、今回また新たに『準中型自動車』『準中型自動車免許』が加わったのである。
リーフレットによると、

準中型自動車って?

〇 車両総重量3500㎏以上7500㎏未満のものまたは
〇 最大積載量2000㎏以上4500㎏未満のものまたは
〇 定員10人以下のもの
で、この時に必要な免許が『準中型自動車免許』なのである。
この準中型自動車が新設されたことによって、これまでの中型自動車も変更されており
〇 車両総重量7500㎏以上11000㎏未満のものまたは
〇 最大積載量4500㎏以上6500㎏未満のものまたは
〇 定員11人以上29人以下のもの
となっているのである。

まず改正前に取っていた普通免許の人は、今後、更新した時に運転免許証の種類欄が、『準中型』となり、条件欄に『準中型車は準中型車(5t)に限る』と記載されるみたいである。この準中型車(5t)というのは、先に書いた中型免許の車両総重量5000㎏以上11000㎏未満のもので車両総重量5000㎏未満までなら大丈夫ということである。
すなわち改正前に取得していた免許証であれば、新設された準中型自動車の一部なら条件付きで運転することができるということである。
従って、私みたいにかなり昔に免許を取得していた人、リーフレットにも載ってあるが、平成19年6月1日以前に普通免許を取っていた人は、今まで通りの条件欄の通りに車両総重量8トン未満の自動車は運転できるそうである。

今回、『準中型自動車免許』が新設された従来の『中型自動車免許』と大きく異なるのは、当然、最大積載量や車両総重量などがあるが、『中型自動車免許』を取るには20歳以上で普通免許か大型特殊免許を取って2年以上というのに対して、『準中型自動車免許』は18歳以上からで『普通自動車免許』と全く同じなのである。
だから、これから自動車学校で免許を取ろうとする人は、コースを『普通免許』『準中型免許』かを選択できるのである。
特に高校を卒業後に就職する人などは、『準中型免許』を持っていれば、就職の選択の幅も広がるだろうと思う。
最近、ニュースでも輸送業界は、かなりの運転手不足にもかかわらず、ネット販売などで全国各地に物流ということで大手宅配便でも昼間の配達時間を制限したりするなどしているそうである。
運転手もかなり過酷な業務らしく、物を安全、確実、迅速に運ばないといけないのでとても気を使う職種であり、私の友人も大型貨物車の長距離ドライバーをしているが、年齢とともにかなり体力的には厳しいと言っていた。
今回の新設されたのも、若手にもっと運転することができる車種を広げて職種の幅を広げるという思惑もありそうであるが、これには私も大賛成である。
今は、車の免許自体を取らない若者が多いらしく車離れしているそうである。
私が若い時は、中学生の頃には早くオートバイを運転したい、こんな車に乗りたいと思って車のカタログをよく見ていたのだが、私の息子は全くではないがオートバイや車に興味はないみたいで、乗れたら何でもいいじゃん!というような雰囲気である。
まぁ、なかなかトラックなどの貨物車を運転する機会はなく、私も10年以上は貨物車は運転していないがそもそも免許を取っていないと車の運転ができないので早ければ今年は長男も18歳になり免許取得可能となるので、これから車に興味を持ってもらいたく何か策を練ってみようかと思うのであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。