ふくろはぎのむくみの方は必見!その原因と手軽にできる解消法!

   2017/04/03

私は、足の『ふくろはぎ』のむくみが朝と晩とでは顕著に激しい方である。
一日のほとんどを営業の外回りのため電車で移動の際によく歩くというのが大きな原因であるだろうが、夕方になると足全体がむくんで履いている靴が脱げないことはよくある話で、足の『ふくろはぎ』をみるとゾウのようにクビレはなく丸太のようになっている。
しかし、まだ若い20歳から30歳の時は多少、むくみはあったものの今のように酷くはなかったのだが、今から5年ほど前に遊びでバトミントンをしている時にネット際に落下したシャトル。
たとえ遊びのバトミントンとはいえ、狩猟民族の先祖の血が騒ぐのか本能的に取りに行った左足を前へ大きく踏み出した瞬間、
「プッチン!」
と左足『ふくろはぎ』から自分の耳ではっきりと聞こえた音とともに痺れるような激痛が走りました。
そう、靭帯が切れてしまいました。
大学生の時に剣道で稽古をしていた時にも右足『ふくろはぎ』の靭帯が切れたことがあってその時と全く同じような音でしたので、
「あっ、またか~」
とは思ったのですが、学生時代の時と異なっていたのはそう今は社会人で仕事をしていることなんです。
大学生の時はギブスで右足を固定して2週間安静(ゼミに参加できないのでラッキーでしたが。)していたのですが今は状況が違うし。
すぐに、応急処置として保冷剤でアイシングして近くの整形外科へ行ったところ、予想通りの靭帯断裂で全治1ケ月の重傷( ゚Д゚)
幸い、手術の必要はなく先生からギブス巻いて固定しておく方が治りが早いですよと言われたのですが、今は社会人で外回りの仕事しているし…。
2週間も仕事休んだら、確実にクビですよね。しかも、遊んでいての怪我なんて口が裂けても言えません。
先生にはギブスはしませんと言って、松葉杖えの貸出しも拒否して湿布と痛み止めの飲み薬のみを貰ってから普通に歩けるまでに約1ケ月かかりましたよ。
最初の数日は、激痛で夜も寝れないし、そして重力で次第に血が足の方へ落ちるためか赤黒く足が変色してるし、もの凄いむくみで靴が履けない状態( ノД`)
出勤時はスリッパで行き、営業へ行く直前に靴に履き替え。それでも足が痛いので靴屋で普段27センチから29センチの大きな靴を購入して左右でサイズ違いの靴を履くという生活。
当然、歩く時もびっこを引きながらのゆっくり歩き。
そして生活の中で大きく変わったのが、約1ケ月してやっと治ったと思ったら今度は、足の『ふくろはぎ』のむくみがひどすぎる~( ゚Д゚)
朝起きた時と夕方の仕事を帰宅してからの靭帯断裂した左足の『ふくろはぎ』から足先にかけての太さが右足と全く違う~。
一時的なものと思ったら、半年たっても1年たってもむくみが解消しません~。
特に足がむくんだからといって、体調が悪いとかもなく、単なる見た目の違いだけ。
でも足のむくみって何かしらの病気につながるっていうし。

足の『むくみ』と『ふくろはぎ』の関係は?

人間は、心臓を動かして生きており心臓は休みなく動き続けてその際に大量の血液を体中の細胞に酸素や栄養を届けるのと同時に老廃物や二酸化炭素などを回収しながら静脈やリンパ管を通って心臓に戻ってくることは中学・高校の保健体育の座学で教えてもらって何となく知っているのではないだろうか?
そしてここからが肝心で人間の心臓より下の位置にある下半身などは重力に逆らって血液を心臓まで戻さないといけないため、『ふくろはぎ』の筋肉がポンプの役割をして血液の循環を手助けをしてくれているのです。
そして、人間の下半身には全体の約70%の血液が集まっていて、この血液を心臓に戻すように働いているので、『ふくろはぎ』第二の心臓とも言われており、最近、書店でも『ふくろはぎ』を揉むといいと言う書籍が販売されているほど大事な役割をしているのです。
『ふくろはぎ』はポンプの働きをするためにはその筋肉の伸び縮みが必要なのですが、様々なむくむ原因があって、一過性のものと血管の病気などの危険な可能性のものがあるそうです。

『ふくろはぎ』がむくむ原因とは?(一過性のもの)

  1. 長時間の同じ姿勢
    長時間のデスクワークなどの同じ姿勢の状態でいると、『ふくろはぎ』の筋肉の動きが少なくなり、ポンプ機能がうまく働かない結果、血液やリンパの流れが滞ってしまうことになる。
  2. 筋力自体の低下
    運動不足などで『ふくろはぎ』の筋力の低下によってポンプ機能も低下し、余分な水分や血液を心臓へ戻しにくい状態となる。
  3. 冷え性
    血行不良によるもので、足先の毛細血管まで血液をうまく循環できないために引き起こすことになる。
  4. 過剰な塩分
    体内に塩分を過剰な量を取り込むと余分な水分をうまく排出することができずに起こすことになる。

『ふくろはぎ』がむくむ原因とは?(病気が可能性?)

  1. 前記の一過性のものでなく、1週間以上むくみが消えない場合や普段と何ら変わりない生活をしているのに突然むくみが出てきた場合は、血管や内臓の病気の可能性がある。
  2. 下肢動脈瘤
    静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れてしまい、逆流した血液が足に溜まってしまう病気
  3. 心臓障害
    心臓自体のポンプの役割が正常に機能しないことで血行が悪くなるためにむくみが出る場合
  4. 肝臓や腎臓の障害
    血管に水分を取り込み排出する浸透圧を調整する『アルブミン』という成分は、肝臓で合成されて腎臓でろ過されているので、その肝臓や腎臓に障害が発生して『アルブミン』の量が減少することにより水分がうまく血管に戻ることができずにむくみが出る場合

『むくみ』から解放する方法は?

  1. マッサージ
    『ふくろはぎ』に溜まった余分な水分をスムーズに流すために、『ふくろはぎ』のマッサージが有効で特に入浴中や入浴後の血行が良くなっている時に行うのがベストです。
    『ふくろはぎ』を揉む際は、必ず心臓の方へ下から上へ優しくマッサージするようにして下さい。
  2. ストレッチ
    『ふくろはぎ』にある腓腹筋とヒラメ筋という二つの筋肉をほぐすことで血行を促進し、むくみを解消する効果があります。
    最も簡単な方法は、壁などに両手をついた状態で、つま先立ちを上げたり下げたりする運動です。

また、私自身はふと近所の大型ドラックストア内を歩いていた時に見たのが、
『ふくろはぎ用の加圧サポーター』
サポーターって手首や膝に付けてるのは知ってるけど、ちまたの情報にうとい私にとっては、
「そんなのがあるんだぁ~」
と思って早速、購入。
先進のリハビリテーション医学が生んだサポーター【Marumitsuオンラインショップ】

やっぱりきついから履くまでには、時間がかかるし、当然、加圧タイプだから圧迫されてる感はもろにあるけど、なんと、むくみが激減してる~Σ(゚Д゚)
5年前に購入してから毎日の愛用品となっており、もう下着の一部となっております。
やっぱりつけていないと当然、むくみがありますからね~
今では、数百円から買うことができますし、値段相応に加圧やフィット感が違ったり、『ふくろはぎ』全体を覆うのか、少し丈が短かったりすることはありますが、私は、仕事で長時間、外回りで歩く日は、某有名メーカーの加圧タイプを使用し、休日やそんなに歩かない日は無名メーカーの安物を使用したりして使い分けをしています。
足のむくみで困っている方は、日ごろのケアも大事ですが、便利なサポーターを使用するのをお勧めします。でも女性の方は、スカートなど足を出す場面が多いので、目立ちにくいストッキング兼サポーターみたいなのがあるといいですよね。
<お得な2個パック>バンテリンコーワサポーター ふくらはぎアシスト ブラック 大きめ・Lサイズ 37~42cm 1足入り×2個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。