年末の我が家の大掃除

   2017/02/14

今日と明日が我が家の大掃除日となる。本来ならば、この時期に大掃除は終えて新年を迎える準備をしなくてはいけないのに我が家は毎年、年末の2日か3日前に大掃除を迎えるのでさぞご先祖様や神様も呆れた顔をしているに違いない。
奥様も子供の産休時期を除いては、夫婦共働きなので結婚当初から掃除の基本は土曜日か日曜日にまとめてやるというのが流儀であった。息子たちにも1年に1度は、捨てる物と残す物に分けて整理するように教えてきたので朝食後すぐに各自部屋で作業に取り掛からせる。
私が風呂とトイレ掃除担当、奥様は今日の洗濯をしながら台所と玄関先の掃除に取り掛かる。掃除後は、1階と2階に分かれて窓ふき作業で午前中は終了。
昼食は自宅で家族全員、卵かけご飯と沢庵で済ませて、休憩を取るとダラダラしてしまうので早速、午後からの作業を続行する。
私は、まずカーポートやブロック塀の汚れを取るために年に数回しか使わない家庭用高圧洗浄機で一気に1年分の汚れを落とす。その後、夫婦の車2台を洗車。
奥様は、いらない段ボールや雑誌・新聞の梱包と子供たちがいらなくなったマンガ雑誌やノート類の梱包を手伝ってから私の洗車に合流。
昔は、半練りのワックスかけを一生懸命していたが最近は、液体スプレーのワックスがあることを知ってからは簡単なのでそれを使っており大幅な時間短縮ができた。

アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 FBN-606

午後3時頃にコーヒータイムということで家族全員でお茶をしてその後、長男はサッカー部の食事会、次男は塾の冬季講習があるため戦列を離脱する。
私は、気分転換にコーヒータイム後に愛犬を連れて30分ほどの散歩へ出かけた後、夕方5時頃まで残りの掃除を済ませる。
今日は、朝9時から夕方5時まで1日のほとんどを大掃除で終わった。
明日は、奥様と一緒に洋服の整理をすることになった。普段から掃除や整理整頓をしていれば、年末もバタバタせずにゆっくりと新年を迎える準備ができるであろうが、夫婦共働きだと普段は全くと言っていいほど掃除は無理であり、休日にまとめてすることになるが、何か予定が入っているとそれもできないのが現状である。
今年で我が家に住み始めて13年目になり、引っ越してきた当初に比べてかなり荷物も増えているにもかかわらず、いらない物がほとんど捨てられていない。
昨年から断捨離を実行すべく、私自身も着なくなった服を古着屋へリサイクルをしたり、壊れたスピーカーなども廃品回収に引き取ってもらったのにそれでも家で物があふれている。
いつか使うかもと思って取っていたり、勿体ないから取っておこうという考えが家族全員にあるのだと思う。
よくテレビで放映されているお宅訪問などで綺麗な家は、ほとんど物がなくスッキリとしていると感じるのは私だけではないと思う。明日も1日奥様と一緒に片付けになりそうだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。